ギャレスのアジト 弘前BE EASY

弘前に誕生したアジトに潜入

website

http://m.beeasybrewing.com/app/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A6%82%E8%A6%81/7594802/32/

facebook

https://www.facebook.com/beeasybrewing/

弘前にある、とある、と言うと嘘で初めてできたブルワリーに行きました。

弘前には友人と訪れたのだが、彼は体調不良でリタイアしたため一人で。奴はホテルにおいてうす暗い弘前の街をぶらつきました。

そしてたどり着いたのは住宅街にある光る看板

その名も「ギャレスのアジト」
アジトに一人で潜入なんて、なんかかっこよくない?アメリカ映画みたいじゃない?え?ただ飲みに来ただけだろうって?
ビールのラインナップはさすがアメリカン。
定番のPale Ale「Dibbies Pale Ale」は透き通るオレンジ色にさっぱりした柑橘系ホップの香り。めちゃめちゃうまいス。
しかしまだ僕が訪れた2017年の3月は仕込みは数回しか行われていないくらいらしいです

母を思って名付けられたディビーズペールエール(american pale ake)。お代わりしました

 タップは10タップ。ゲストもいくつかありました。

あずましウィートエール。「あずましい」は津軽弁で心地いいという意味らしいです。穏やかな小麦のキャラクターはとってもあずましい。。。

わいはIPA 。「わいは」は津軽弁で「驚いた!」くらいの意味のようです。強烈なホップ感にわいは!!!!

へちょべ(スタウト)。「へちょべ」は津軽弁でススという意味らしいです。ヘッドブルワーのギャレスさんは津軽弁を話す生粋アメリカ人。弘前に住み始めてブルワーになったそうです。気さくにお客さんそれぞれに話しかけて非常に明るい方でした。

この後ご好意で工場を見せていただきました。広々としたガレージは今後タンクをどんどん増やしていく予定らしいです。僕が行ったときは1kLタンクが一基。これからアジトが楽しくなる、そんな可能性のある空間でした。
どんどん県外に出荷されるアジトのビールはいずれ日本中で飲める時が来るかもしれません。

写真が見当たらなくて樽洗い機の写真だけ発見。。。。。泣

店の空間も非常にいい雰囲気でとてもよかったです。
グラウラ―の持ち帰りビールもやってます。

弘前の夜にアジトでひっそりとおいしいビールの集会しませんか?

 

アクセス

Be Easy Brewing,
 青森県弘前市松ケ枝5-7-9
 

一階がブルワリー、二階がパブになっています。