さとしくんビール大学 3時限目 ~発酵は難しいからあきらめよう~

さとしくんビール大学とは?

ビールについて調べるとわかったような全く分からないようなもやもやした気持になることはないだろうか。そこで開校したのがさとしくんビール大学だ!どこよりもわかりやすいかみ砕いて解説ができればと思う。一歩ずつビールを勉強していこう。

 

三時限目は発酵!けど発酵はとっても難しい

さとしくんビール大学 1時限目 ~まずエールって何?

さとしくんビール大学 2時限目 ~甘けりゃ発酵する。糖化の神秘~

1-2限はエールとは、糖化とはというのを簡単に説明した。エールはビール、糖化のカギはキーしたね。そしていよいよ本番の発酵!けど発酵ってよくわからね。酵母くんが糖を食べたくて集まって、気づいたら発酵してるんだよね。だから専門的な話はあきらめよう。真面目に学びたいなら授業料はらって本物の大学通ってください。

福島大学で2019年に発酵学べる学部できます↓

http://shokunou.net.fukushima-u.ac.jp/news_detail.php?nid=29

で、wikipediaで発酵と調べると

発酵(はっこう)とは、狭義には、酵母菌(イースト菌)、乳酸菌などの微生物が嫌気条件下でエネルギーを得るために有機化合物酸化して、アルコール有機酸二酸化炭素などを生成する過程である。

酵母がエネルギーを得る過程とありますね。

そういえばよく聞く発酵バターってなんだ?

ところで、生物がエネルギーを得る方法は三つあります。「呼吸」「光合成」そして。。。

「発酵」

発酵は酵母などがエネルギーを得るための作業なんです。だから、発酵とは一言で「生きること」に他なりません。そん時に出てきた副産物をなにやら人間が喜んで食べてるっていうあれです。酵母くんの立場に立つとそういうことです。

発酵は生きること。。。なんか深い。。。

 

まとめ

一時限目に説明しましたが、ビールって甘い液をほっとけばできるんです。それは何か特別な変化が起きてるんじゃなく、ただ「生きること」の過程なんですね。

次回、さとしくんビール大学 四時限目 ~寝る子は育つ~ に続く➡