ふくしまはなにもなくない

ふくしまはなにもない

福島市は県庁所在地なのになにもない→福島は何もない

こういうのは観光客だけでなく県民もそう思っている。

 

しかし、いまさら欲しいものは通販でたいていなんでも買えるし、自然あふれる素晴らしい場所だといろいろ遊びの幅が広い。都会ではできないことが田舎では簡単にできる。

こういう時代だからこそ大資本デパートはつぶれるし、お店の競争が激しくぎらぎらしてる街は時代遅れ感がある。

プールとかこの年でいくかよばか、ディズニーとか築地とかそういうとこ行きたいっていう方にとっては、つまらないと感じるかもしれないが、観光地だけが旅行、遊びじゃないし、「見るところないなあ」といえるところに面白いものがあるのは各地を旅行してて思ったことだ。

 

ふくしまくんはいいもの持っているのに伝えきれていない。トップになれない男の象徴みたいな存在だよね。。。いやそれでいいのだ

 

資本は街にとって外来種

福島駅前のこじんまりした飲み屋はけっこうある。個性が強いし安い。チェーンの店は駅前にちらほらあるがそれでも圧倒的に少ない。

1000円でうまい酒とつまみをさくっと楽しめるような店が多いから、わざわざチェーンに入る必要もないのだろう。

ガラパゴス諸島ではないがこの街の生態系は大昔から保たれている。都会からきた資本という外来種は一瞬で土地の生物学的に弱い内材種を脅かしてしまうから注意が必要だ。しかしこの街には介入の余地がないくらい根付いた強い生態系のバランスが存在している。この時代珍しい。

 

satoshi

Author: satoshi

日本のクラフトビールは素晴らしい。地産地消なんて言ってられない!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *