空と障害者

奄美大島、LCCバニラエアの車いす客の搭乗拒否問題

毎日新聞 バニラエア、車いす客自力でタラップ上る

 格安航空会社(LCC)のバニラ・エアを利用した車椅子の男性が今月5日、奄美空港(鹿児島県奄美市)で搭乗する際、「階段昇降をできない人は搭乗できない」と説明され、階段式のタラップを腕の力だけで、はうようにして上らされていたことが分かった。同社は男性に謝罪し、奄美空港で車椅子利用者が搭乗できる設備を整える。

一連の報道に対し、twitterなどで木島氏批判や、バニラエアの対応の賛否についてコメントで盛り上がっています。この問題の論点はどこにあるのでしょうか。

バニラエアが事前連絡しても搭乗拒否するのもわからんし、木島氏のタラップを自力で上るのってはパフォーマンスで普通に危ない。何かあったら自分のせいだけで済まなくなるの知ってると思うので、まじでたち悪い。彼は車いすで世界中を旅行し、各地で講演とかもしてるそう。

この人のサイト見てみると

とってつけたようなバリアフリー設備は、利用することで逆に障害を自覚させてしまいます。
配慮をするのは素晴らしいことですが、あまりにも過剰な対応はいかがなものか?
係員を呼ばなければならないサービス、別の入口では、快適ではありません。

(略)

また「配慮のやりすぎ」は、 「障害の強調」につながり、差別(逆差別)を生む危険性があります。
特別視ではなく、一人の人間としての人権を尊重し、意志が尊重されること、
多様な選択(方法)が可能なことが大切です。

つまりは、特別視されることのない、「配慮の配慮」、健常者と同じ立場で生活できる環境っていうのが大切と語ってます。

彼が搭乗前に航空会社に連絡しなかったのも、この考えからでしょう。

「配慮を配慮するのは当然なわけで、事前連絡なんかしなくても当然乗ることができる、それができないのはおかしい」

こういうことだと思います

「配慮」が、事前連絡でなんらかの対処をすることなら(バニラエアは事前連絡しても乗れませんと注意していたようですが。。。。これがどうこうの話ではなく。。。)、「配慮の配慮」は連絡しなくても健常者と同じように乗れることということでしょうか。

さて、たたかれボーイな乙武氏も木島氏擁護とみられるツイートでぶったたかれています

木島氏の考え方は否定できないし苦労もあるのだろうがやり方はまじで意味わかんないし、乙武氏が擁護するのも?けど、

乙武氏のその後いっていたことがまじで核心だと思います

バニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている。

 

2016年4月に障害者差別解消法が施行されて1年以上が経過した。これによって、障害の有無にかかわらず、すべての人が適切なサービスを受けられることが法律で保障されることとなった。もちろん、この法律が施行されたらといって、障害者の要求がすべて通るわけではない。あくまで「合理的配慮の範囲内で」という前提がある。ただ、この合理的配慮、ちょっと難しい。

たとえば、「飛行機のサイズが小さすぎて私の車椅子を搭載できないなら、新しい機体を購入してほしい」という要求をしたとする。これは、あまりに莫大な予算を必要としてしまうため、「合理的配慮の範囲を超える」と見なされてしまうだろう。しかし、木島さんが搭乗するためには、ストレッチャーさえ準備されていれば問題なかった

実際にバニラ・エアは木島さんとのトラブルから二週間以内にストレッチャーを導入していることを考えれば、予算的にも、手続き的にも、そう準備に負担がかかるものではないことが窺える。つまり、バニラ・エアは合理的配慮の範囲内であるストレッチャーさえ用意していなかったのだ。これは、明らかに障害者差別解消法に反する状況だったと言える。

※ストレッチャーってのは担架。歩けない人を運ぶための器具です。

理由はわかりませんが、そもそも奄美-関空線のストレッチャーの用意がなかったようです。つまりはサービス提供の初期段階で車いすへの配慮はなかったということです。乙武氏はストレッチャー導入を「合理的配慮の範囲」であるとし、バニラエアは法に違反してると主張しています。

まとめ

両者の対応はよくないけどバニラエアの車いすへの配慮がなかったことは問題。木島氏はたたかれて当然だけど、バニラエア側の不備は認めざるを得ないと思う。

 

satoshi

Author: satoshi

日本のクラフトビールは素晴らしい。地産地消なんて言ってられない!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *